○めざめの里



自然がすき

人がすき

それが一つである時が一番すき

愛するのは私から

自然とお手当ていたします。